見る・遊ぶ 暮らす・働く

南海電鉄、屋根のないオープントップバスを2日限りで無料運行

西日本鉄道のオープントップバス

西日本鉄道のオープントップバス

  • 0

  •  

 南海電鉄は1月12日・13日の2日間限定で、オープントップバスの無料運行を行う。

福岡市内を走るオープントップバス

 同社では2011年度~2014年度の3年間にわたり推進している中期経営計画「凜進130計画」において「観光・インバウンドビジネスの推進」を基本方針の一つに掲げており、その一環として、西日本鉄道(福岡市)と連携し、同社のオープントップバス1両を運行するもの。両社では数年前から互いの電車祭りに出店するなどコラボイベントを実施しており、今回は、大阪で目にすることが少ないオープントップバスの乗車イベントを実施することになった。

[広告]

 オープントップバスは屋根の無いバスで、乗車しながら街の風景を楽しむことができる。なんばパークスを起点に、日本橋電気街(堺筋)、中央大通、御堂筋を巡り、約45分かけてなんばパークスに戻るルートを走る。同社経営政策室の川畑雅史さんは「大阪ではめったに乗車できる機会はなく、今回は無料で乗車できるので、ぜひ乗車してほしい」と話す。

 運行日時は、12日=17時~、18時30分~、13日=13時~、17時~、18時30分~。乗車希望者は、なんばパークス1階(2階「スターバックスコーヒー」横のエスカレーターを1階へ下りて左手)で整理券を入手する必要がある。整理券の配布時刻は1月12日=15時~、13日=11時30分~、それぞれ当日分を一斉に配布する。乗車無料。4歳未満は乗車不可。各回定員35人。