天気予報

36

27

みん経トピックス

なんばに関西の地ビール集結難波に野菜にこだわるカフェ

道頓堀で中村泰士さんが合唱指導 「大阪を歌謡曲の聖地にしたい」

  • 0
道頓堀で中村泰士さんが合唱指導 「大阪を歌謡曲の聖地にしたい」

中村泰士さんによる歌唱指導の様子

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・道頓堀の「カラオケレインボー 道頓堀店」(大阪市中央区道頓堀1)で3月3日、作曲家・中村泰士(たいじ)さんが、来月開催する大規模合唱イベントを前に歌唱指導を行った。

中村泰士さんを囲み参加者全員で記念写真

 1939(昭和14)年、奈良市出身の中村さんは、1957(昭和32)年に歌手デビューの後、1968(昭和43)年に作曲家に転身。数多くのヒット曲を書き、ちあきなおみさん「喝采」と、細川たかしさん「北酒場」では日本レコード大賞を受賞した。現在は活動拠点を関西に移し、「大阪を歌謡曲の聖地にしたい」と、音楽イベント「道頓堀SUPER歌謡劇場」を毎月1回開催するなど、精力的に活動する。

 「クラシックの1万人の第九があるなら、1万人の歌謡曲があってもええんちゃう?」と中村さんは2年前から構想を練り、4月9日に大阪城ホールで大規模歌謡イベント「レインボー1万人の歌謡曲」を初開催する。一部は小柳ゆきさん、夏川りみさんらによるコンサートで、二部は中村さんの指揮のもと観客全員で合唱する。

 歌唱指導には、大阪府下のカラオケ教室や合唱団に所属する30人あまりが参加。発声練習の後、「いい日旅立ち」「木綿のハンカチーフ」「異邦人」など1960年代~1980年代の昭和歌謡を中心に、「糸」「365日の紙飛行機」など本番で合唱する14曲をみっちり練習した。3月16日14時~、24日19時~にも、森ノ宮ピロティホールで大規模練習会「体感リハーサル」を行う。

 中村さんは「1960年代前半のなんばでは、ジャズ喫茶やダンスホール、キャバレーを中心に、生バンドの演奏があふれていた。(大勢の人と合唱すると)自分の歌声だけでなく、隣の人の歌声も聞こえ、それらが響き合って幸せな気分になる。聞くだけでなく、歌って楽しめるイベントを続けていきたい」と意気込む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪・アメリカ村に7月15日、溶けないアイス専門店「金座和(かなざわ)アイス 大阪アメリカ村店」がオープンした。運営はバイオセラピー開発研究センター。多くのトッピングを用意。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング