天気予報

24

19

みん経トピックス

道頓堀のバルがリア充プラン難波の公園でピクニック企画

髙島屋大阪店に「ええモン」集結 町工場が作る金属製バッグなど

髙島屋大阪店に「ええモン」集結 町工場が作る金属製バッグなど

企画した三陽鉄工所の社長らと金属製バッグ

写真を拡大 地図を拡大

 高島屋大阪店(大阪市中央区難波5、TEL 06-6631-1101)各フロアで5月10日、バイヤーが選んだ大阪ならではの商品を展示販売する恒例企画「大阪ええモン 2017SUMMER」が始まった。

手拭いブランドと傘製造店がコラボ

 今回のテーマは「大阪のええ仕事を知ろう『GOOD JOB!OSAKA』」。バイヤー約30人で発掘した大阪の企業やクリエーターが作る商品を、同キャンペーンの黄色い看板を目印に各フロアの特設コーナーや常設店内で販売する。

 3階中央エスカレーター付近の特設コーナーでは、金属を取り扱う町工場「三陽鉄工所」(住之江区)がプレス加工技術や金属材料を用いた婦人用バッグを販売。「売り上げの先細りに危機感を抱き、自社製品を作りたいという思いで2年前から開発した」という。一般に向けての販売は初めて。同社企画営業部の佐谷和彦さんは「金属の特徴を知り尽くした独自の技術者がいるからこそ誕生した。設計、素材、工具、金具だけでなく、ロゴやカタログも手作り」と話す。

 1階中央の特設コーナーでは、大阪で生まれた「注染(ちゅうせん)」という技法を使う手拭いブランド「にじゆら」(堺市)と手作りの傘製造店「新田商店」(天王寺区)がコラボしたパラソル(1万2,960円)を販売。同手拭いを使ったサンダルとパンプス(各2万520円)も2階婦人靴売り場で販売する。

 6階きもの売り場では同店主催のきものコンテストで上位に選ばれた5作品を商品化した「デザイナーゆかた」(2万7,864円)も販売。そのほか地階のイートインコーナーでは「日本料理 かが万」(北区)による同店限定の懐石「皐月御膳」(3,780円、17日~)を販売するなど、店内各フロアで展開する。

 営業時間は10時~20時。今月23日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

 大阪・心斎橋の「ふくろうカフェシュエット」(大阪市中央区東心斎橋1)で5月23日、フクロウが「伝書フクロウ」となってメッセージを届ける「ラブクロウ」サービスが始まった。「ラブツリー」に並んだメンフクロウ。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング