見る・遊ぶ

なんばマルイで「ジョジョ」フィギュア展 300体展示、ファンでにぎわう

ファンでにぎわう会場

ファンでにぎわう会場

  •  
  •  

 漫画・アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のフィギュア展が12月21日、なんばマルイ(大阪市中央区難波3)7階のイベントスペースで始まった。

フィギュアは約300体展示

 フィギュア・キャラクターグッズ事業を展開するメディコス・エンタテインメント(東京都港区)が開催する同展。全シリーズ・約300体のフィギュアが並ぶ、同社で関西最大規模の展示となる。同社ホビー事業部の佐藤公亮さんは「今では手に入らないレアなフィギュアも含めて全て蔵出しした。これまで作ったものが集合している」と話す。

[広告]

 展示するフィギュアは、同作品各シリーズのキャラクターのほか、スワロフスキーで装飾し、1体3万円以上するものや、イベント限定で販売した希少なものも。同作品の最初にキーワードとなる「石仮面」や、作品の世界観を表現している特徴的な吹き出しを集めたコーナーも。同社がフィギュアを作る際に用いる作画も約60点展示。フィギュアを作る際のメモ書きも残されており、こだわっている点を見て楽しむことができる。

 約100種のフィギュアは購入もできる。中には12体しか在庫が無い貴重なものもあるという。開催初日にはオープン前から100人以上が並び、フィギュアを求める様子が見られた。併設するグッズコーナーではタオルやTシャツ、キーホルダーなど約200種を用意。同イベント限定の描き下ろしイラストの等身大パネルも用意し、写真を撮って楽しむことができる。

 佐藤さんは「老若男女問わないだけでなく海外のお客さままで、思った以上の方に来ていただけてうれしい。イベントでしか見られなかったフィギュアやグッズを多く放出しているので、ぜひ買いに来て」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時30分(日曜・祝日は20時まで)。1月8日まで。

  • はてなブックマークに追加