天気予報

12

7

みん経トピックス

なんばパークスで手作り市大阪日本橋コスプレイベント

なんばパークスに「マザーハウス」 ファミリー向け大型店

なんばパークスに「マザーハウス」 ファミリー向け大型店

先行販売するパスケース「Shinryoku Pass Case」

写真を拡大 地図を拡大

 なんばパークス(大阪市浪速区難波中2)3階に3月17日、途上国支援を行うバッグ・雑貨ブランド「マザーハウス なんばパークス店」がオープンする。

DIYイベントで製作するレザーキーホルダー

 マザーハウス(東京都台東区)は2006年設立。「途上国から世界に通用するブランドを作る」をテーマに、バングラデシュ、ネパール、インドネシア、スリランカでバッグや革小物などを製造、現在、国内21店舗、台湾6店舗、香港2店舗の合計29店舗を展開する。

 ミナミエリアには2009年9月、南船場に「大阪店」を関西初出店したがその後、梅田の「ハービスPLAZA ENT」に移転。「なんばパークス店」は今年2月に閉店した「あべのsolaha店」を移転する形で、ファミリーをターゲットにした大型店舗と位置付ける。なんばパークスのデザインに合わせた「地層」をイメージした曲線型の什器を設置するほか、通常の店舗よりも緑を多く配置する。店舗面積は23坪。

 ショルダーとリュックサックの2通りに使えるバッグ「yozora」(Mサイズ=3万5,640円、Lサイズ=3万9,960円)の人気が高いという。オープンに当たり、パスケース「Shinryoku Pass Case」(5,940円)を先行販売するほか、3月17日~4月30日の平日に限り、レザーキーホルダーを作るDIYイベントを行う。約10分で完成するもので、参加料金は1,000円。18日15時30分~、同社の山口絵理子社長が店頭に立ち客を迎える予定もある(変更の可能性あり)。

 営業時間は11時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大阪市立中央図書館2階で現在、「オープンデータ活用術」をテーマにしたミニ展示を行っている。資料が収められている「貴重倉庫」の様子。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング