なんば経済新聞、年間PV1位は「ほんこんさんのスパムおにぎり店」

1位に輝いた「ほんこんさんのFOOD FIGHT」は、残念なことに閉店してしまった

1位に輝いた「ほんこんさんのFOOD FIGHT」は、残念なことに閉店してしまった

  •  
  •  

 なんば経済新聞の2008年の年間PV(ページビュー)ランキング1位に、「宗右衛門町に『スパムおにぎり』店-ほんこんさんがプロデュース」が輝いた。ランキングは、今年1月1日から12月24日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り。

1. 宗右衛門町に「スパムおにぎり」店-ほんこんさんがプロデュース(6/16)2. アメリカ村に「まんだらけグランドカオス」オープン-カフェ「マザー」(3/15)3. ロワン・スタージュの「心斎橋チーズロール」、幅広い客層に人気(6/23)4. 大阪名物・道頓堀「くいだおれ」、7月8日で閉店へ-60年の歴史に幕(4/9)5. 南堀江に新たなランドマーク-「キャナルテラス堀江」7月15日開業(7/11) 6. お母さん役のスタッフがマニアを癒す-まんだらけ店内に新コンセプト喫茶「マザー」(3/11) 7. 阪神なんば線、地下線区間がすべてつながる-開通への準備着々と(3/15) 8. くいだおれは売却せず-電通などが「くいだおれ太郎プロジェクト」発足(10/20) 9. お好み焼きに具材を挟む「大阪バーガー」、デルフィンアリーナに新店(1/24) 10. サイパン在住の写真家が「水中ヌード写真展」-南船場のスタジオで(1/17)

[広告]

 ランキング1位に輝いた「スパムおにぎり店」は、お笑いコンビ130Rのほんこんさんがプロデュースする、ソーセージミートの一種である「スパム」を使ったおにぎりのテークアウト店「ほんこんさんのFOOD FIGHT」が宗右衛門町とアメリカ村に2店舗同時オープンしたという話題。上半期ランキングでも1位を獲得しており、ネット上でも「おいしそう」「食べに行ってみたい」などと話題を集めた。ただ、同店は既に閉店しており、跡地にはたこ焼き店が出店する模様。

 2位・6位には日本橋からアメリカ村に移転増床オープンした「まんだらけ」の記事がランクイン。「マザーとマニアとの会話による交流」をコンセプトに、「お母さん」役のスタッフが接客サービスを行う、お母さんカフェ「マザー」がインターネットやテレビの情報番組で話題となり、長期間にわたりアクセスを集めた。

 4位・8位には全国的な話題になった「大阪名物くいだおれ」閉店関連の記事がランクイン。4月8日の閉店発表以来、店頭のシンボル人形「くいだおれ太郎」の行方が注目されたが、10月20日に行われた記者会見で、くいだおれの商号やくいだおれ太郎は今後も同社が保有し続けることが発表された。来春のリニューアルオープンを目指して改装が進む同店すぐ近くの「中座ビル」が「くいだおれ中座ビル」と改称し、同店前にくいだおれ太郎が道頓堀復帰を果たす見込み。

 5位には南堀江の新名所「キャナルテラス堀江」がランクイン。湊町リバープレイスとの間に12月20日、歩行者専用橋「浮庭橋」が完成したこともあり、今最も注目を浴びる飲食施設。7位には阪神なんば線の話題が。同線により神戸方面から難波へのアクセスが飛躍的に改善され、南堀江西方の桜川駅の利便性も高まる。来年3月20日に迫った開通を前に、湊町・堀江エリアは活気づきそうだ。

  • はてなブックマークに追加